常任指揮者紹介

阿部 純(Yasushi Abe)

 

 

 東京に生まれる。東京芸術大学卒業。指揮法を田中信昭、北川剛、声楽を柴田睦陸、原田茂生、E・マイエロンの各氏に師事。
 国内では東京を始め各地で、前田幸市郎、小林研一郎、高関 健、山下一史、沼尻竜典、飯守泰次郎、G・シノーポリ、J・フルネ、M・ビオッティ、G・ロジェストヴェンスキー、G・ボッセ、C・デュトア、P・ヤルビー、等内外の著名な指揮者と共演。海外では、88年に二度にわたり旧西独、ハンガリー、オランダで、92年、96年、01年にもドイツに多くの演奏旅行を行い、特に93年暮れに、ザールブリュッケン等での第九演奏会の成功で絶賛を浴びた。96年には、フライブルグのミュンスター(南ドイツ第一の教会)において、東洋人として初めてミサを演奏した。また、05年には、バッハの結婚式が行われたドルンハイムの聖バルトロマイ教会でJSKCYと共にバッハの作品を演奏した。09年には、ライプツィヒの聖ニコライ教会で、J・ヴォルフ(オルガニスト・カントル)と共演。その音楽に対する多くの知識と深い解釈、卓越した指導力は海外でも高く評価されている。
 現在、東京音楽大学准教授・東京藝術大学講師、東京アカデミッシェカペレ団長・指揮者、群馬交響楽団合唱団指揮者、学習院輔仁会音楽部合唱団、横浜国立大学混声合唱団、長野市民合唱団コール・アカデミー、浦安女声合唱団、うみおコールなど全国の多くの合唱団の指揮者としても指導に当たっている。