ヨハン・セバスチャン・カンマーコーア・ヨコハマのご紹介

結成と由来

合唱団 ヨハン・セバスチャン・カンマーコーア・ヨコハマ(JSKCY)は、ヨハン・セバスチャン・バッハ(Johann Sebastian Bach)のカンタータ・モテット・ミサ等の全曲演奏を目的として、1986年1月に結成されました。 当団の名前は、ヨハン・セバスチャン・バッハの名と、ドイツ語で室内合唱を意味するカンマーコーア、および主な活動場所の横浜にちなんでつけられました。

音楽監督であった故前田幸市郎は、創団以来3年余りにわたり当団を熱心に指導し、団の基礎を築き、方向性を決定しました。その高潔な人柄、高い音楽性は団員に多大な影響を与えましたが、1989年9月帰天。現在は前田幸市郎を桂冠音楽監督として仰ぎ、遺志により阿部純を常任指揮者として活動を続けています。

活動

当合唱団が理想とする室内楽的演奏を実現するため、ソプラノ10名・アルト14名・テノール8名・バス8名の定員を設けています。日常の練習では、優秀なプロのスタッフにより、効率的で充実した練習が行われています。通常練習は週1回、主に大倉山記念館で行われます。そのほか合宿や集中練習を行っています。

団員・臨時団員募集のページ

定期演奏会では、一流のプロ奏者によるKMG合奏団の協力を仰いでいます。また、バッハの時代や音楽への理解を深めることを主な目的として、4年に一度ドイツへの演奏旅行を行っています。

先生方のご紹介

桂冠音楽監督 前田 幸市郎  
永久音楽顧問 松浦 晶子  
常任指揮者 阿部 純  
主席客演指揮者 前田 幸康  
理事・団長 阿部 ゆう子  
理事 久保 晃子
練習ピアノ 藤井 麻理 武田 麻里江
後援会会長 寺島 教雄  
副会長 木津 秀幸 寄立 昌孝